福岡市の脳神経外科 「頭痛・めまい・てんかん・脳卒中・物忘れ・認知症」のはしぐち脳神経クリニック。

一次性雷鳴頭痛

Primary thunderclap headache

MENU
電話でお問い合わせ

Brainpedia

脳ペディア

一次性雷鳴頭痛

一次性雷鳴頭痛とは

 

くも膜下出血に似たような急な強い頭痛のうち、脳の検査で特に異常がないものを指します。もし検査で原因となる病変があれば、この病名は当てはまりません。

 

特徴は?

 

突然起こる頭痛で、1分未満で痛みがピークに達します。

頭痛は、1時間~10日間程度続きます。

MRIやCTを含む脳のいろいろな検査では異常を伴いません。つまり、様々な検査で「くも膜下出血」、「脳出血」、「脳静脈血栓症」、「動脈解離」、「可逆性血管攣縮(RCVS)」、「脳腫瘍」、「低髄液圧」、「急性副鼻腔炎」などは、脳の病変を伴う”二次性雷鳴頭痛”の原因となりますので、MRIなどによりこれらが否定できなければ、この診断にはなりません。

 

治療と経過は?

 

海外の文献によると、ニモジピン(国内未承認薬)という薬が有効という報告があります。脳の精密検査で異常がなければ、経過はいいようです。