福岡市の脳神経外科 「頭痛・めまい・てんかん・脳卒中・物忘れ・認知症」のはしぐち脳神経クリニック。

片頭痛治療薬アイモビーク

aimovig

MENU
電話でお問い合わせ

片頭痛治療薬アイモビーク

  • 2021年8月20日

アイモビーグ(片頭痛発作の発症抑制)

 

片頭痛でお悩みの方に、新たな選択肢がまた増えました。

5月に発売されたエムガルティに続き、2つ目の抗CGRP抗体薬です。

「アイモビーグ皮下注 70mg ペン」

(エレヌマブ:遺伝子組換え製剤)

承認:2021年6月23日

発売:2021年8月12日

世界では最初に発売された CGRP 製剤で、2018年に上市しました。

 

 

アイモビーグの作用機序

国内初めての抗CGRP受容体モノクロナール抗体としての片頭痛の予防薬になります。
(エムガルティは抗CGRP抗体)

 

片頭痛の原因とされる CGRP(カルシトニン関連ペプチド)は、脳の「神経伝達物質」の一つです。

頭部にある「三叉神経」は、顔面や前頭部の感覚に関わる神経です。この三叉神経の末端にあるCGRP受容体に、神経伝達物質であるCGRPが結合すると、炎症や痛みが起こされます。この痛みが片頭痛と関係すると言われています。

アイモビーグは、このCGRP受容体にくっついて蓋をして、CGRPの結合を阻害することにより、片頭痛の発作を抑えるお薬です。

アイモビーグの使用方法

初回投与時に70㎎(1本)を投与(皮下注射)

その後は、4週間に1回・1本のペースで皮下注射を継続

 

・初回導入時も継続投与時も一貫して、1回の投与量は70mg(1本)です。
・患者の状態に応じて投与中断をご検討いただけます。

 

アイモビーグの効果

 

① 片頭痛の発作回数が減少する。

② 発作時の内服薬が減る。

③ 片頭痛による痛み、日常生活への影響が軽減。

※ 減少には個人差があります。

 

投与1ヶ月目から月間の片頭痛日数の減少が認められています。

プラセボ群と比較して投与1ヶ月目から有意差をもって平均月間片頭痛日数の減少が認められ、その効果は6ヶ月目まで持続しました。

一年経過後に64.5%の患者さんで月間の片頭痛日数が50%減少したことが認められています。

 

アイモビーグの副作用は?

アイモビーグの主な副作用として、便秘、注射部位の赤み・かゆみ・腫れ・疼痛、傾眠などが報告されています。

その他、重大な副作用として、過敏反応や重篤な便秘などがあらわれることがあります。

 

アイモビーグの薬価は?

1本あたり41,356円です。

自己負担割合3割の方では、1回あたり約12,400円の自己負担になります。

※ 他に、初・再診料、注射処置料、お薬の処方のある方では処方せん料などが掛かります。

 

エムガルティ・アジョビとの違いは?

 

作用点が異なる

これらの薬はいずれも抗CGRP製剤であり、いずれもCGRPとCGRP受容体の結合を阻害するという点では共通します。

しかし、他の2剤とは作用する部位が異なります。

エムガルティとアジョビがCGRPそのものに結合することにより阻害するのに対して、アイモビーグはCGRP受容体に結合することにより阻害します。

 

エムガルティとは使用方法がやや異なる

・エムガルティ:初回2本、その後は30日毎に1回、1本ずつ注射

・アジョビ:4週間毎に1回、1本ずつ注射

 

院長 橋口 公章(はしぐち きみあき)
記事監修
院長 橋口 公章(はしぐち きみあき)

九州大学医学部卒業。
医学博士。

脳神経外科専門医、日本脳卒中学会専門医、日本てんかん学会専門医、日本定位・機能神経外科学会機能的定位脳手術技術認定、迷走神経刺激療法資格認定、日本小児神経外科学会技術認定医

詳しい医師紹介を見る  web初診予約