福岡市の脳神経外科 「頭痛・めまい・てんかん・脳卒中・物忘れ・認知症」のはしぐち脳神経クリニック。

片頭痛治療薬アジョビ

Ajovy

MENU
電話でお問い合わせ

片頭痛治療薬アジョビ

  • 2021年8月30日

 

新たな片頭痛予防薬”アジョビ”について

エムガルティ、アイモビークに続き、3種類目の片頭痛予防注射薬が使用可能になりました。

「アジョビ皮下注225mgシリンジ」

(フレマネズマブ:遺伝子組換え製剤)

承認:2021年6月23日

発売:2021年8月30日

2018年にアメリカで、2019年にヨーロッパで承認を受け、現在では世界40ヵ国以上で承認されています。

 

アジョビの作用機序

カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)に対するヒト化抗CGRPモノクローナル抗体です。

 

CGRPは脳の「神経伝達物質」の一つですが、片頭痛の原因物質と考えられています。

頭部にある「三叉神経」は、顔面や前頭部の感覚に関わる神経です。この三叉神経の末端にあるCGRP受容体に、神経伝達物質であるCGRPが結合すると、炎症や痛みが起こされます。この痛みが片頭痛と関係すると言われています。

アジョビがCGRPに結合することで、CGRPがCGRP受容体と結合できなくなり、三叉神経系の活性化を抑制し、結果的に片頭痛が抑制されると考えられています。

 

(大塚製薬資料より)

 

アジョビの対象患者さんは?

以下の患者さんが対象となります。

1.国際頭痛分類を参考に十分な診療を実施したうえで、片頭痛の診断を受けてている。

2.予防薬を内服しても、片頭痛発作が3ヶ月以上、平均4日以上起きている。

妊娠中・授乳中は、十分検討した上での慎重投与です。

18歳未満は使用できません。

 

アジョビの使用方法

2つの投与方法(4週間ごとに1本あるいは12週間ごとに3本皮下注射)から選択できます。

 
4週に1回のパターン
初回投与時に225㎎(1本)を投与(皮下注射)その後は、4週間に1回・1本のペースで皮下注射を継続

 

12週に1回のパターン

初回投与時に675㎎(3本)を投与(皮下注射)

その後は、12週間に1回・3本のペースで皮下注射を継続

注射部位は上腕部、腹部、大腿部のいずれかです。

3ヶ月経過した時点で効果判定を行い、継続の可否を決定します。

治療の途中で1ヶ月に 1回の投与から3ヶ月に1回の投与に変更、又は、3ヶ月に1回の投与から1ヶ月に1回の投与に変更することも可能です。

 

 

アジョビの効果

 

片頭痛日数及び中等度以上の頭痛日数が、初回投与1週目から減少したことが報告されています。

 

 

アジョビの副作用は?

主な副作用としては、注射部位反応(痛み、腫れ、かゆみなど)が報告されています。

 

アジョビの薬価は?

1本あたり41,356円です。

自己負担割合3割の方では、1回あたり約12,400円の自己負担になります。

※ 他に、初・再診料、注射処置料、お薬の処方のある方では処方せん料などが掛かります。

 

院長 橋口 公章(はしぐち きみあき)
記事監修
院長 橋口 公章(はしぐち きみあき)

九州大学医学部卒業。
医学博士。

脳神経外科専門医、日本脳卒中学会専門医、日本てんかん学会専門医、日本定位・機能神経外科学会機能的定位脳手術技術認定、迷走神経刺激療法資格認定、日本小児神経外科学会技術認定医

詳しい医師紹介を見る  web初診予約